« Yasushi 貝、再び | トップページ | Yasushi 駄菓子にハマる »

ぼくとB型肝炎~患者として石川ひとみに感謝

ぼくは慢性B型肝炎のキャリアだったが、34歳のときに発症した。
GPT(肝臓のダメージを表すデータ。正常値は40以下)が一時期 1400 を超え、緊急入院したこともあった。B型肝炎に完治はないと言われる。ウィルスの活動を抑えることが治療目標だ。インターフェロンという辛い治療を受けたこともあったが、効かなかった。幸運なことにここ数年で厚生労働省から新薬の認可がいくつかおこなわれ、服用できるようになった。それとともに肝炎の勢いも小康状態を保っている。

hitomi_i.jpg

きょうテレビに石川ひとみが出ていた。彼女もB型肝炎キャリアから成人になって発症し2年間タレントを休業した経験を持つ。その後、闘病記を執筆したり、様々な講演活動をおこなって、B型肝炎に対する世間の偏見や無知に対して積極的に問題提起を行った。彼女の功績は大きい。

将来、肝臓がんが日本人の死因のトップになるという予想もある。肝炎はその第一歩だ。ここで抑えておかなければという、先々のことに対する不安がある。

まあ、いずれ皆死ぬのだから、死因にこだわってもしょうがないという気もする。問題は、どう生きたかだ。

|

« Yasushi 貝、再び | トップページ | Yasushi 駄菓子にハマる »

コメント

yasushi様

 こちらへのコメント投稿はこれが初となります、静岡県の「駿東清十郎。」と申します。今月で29を迎えた民間リーマンで、ファン歴は一昨年の春以来です。
何気なく画像検索していたら偶然そちらのブログに辿り着きました。本文を拝読しましたが、貴方様もひとみさんに同じくB型肝炎の経験をお持ちですね。心中謹んでお察し申し上げます。

 昨年末以来私はブログを持っており、ひとみさんに纏わる記事は勿論のこと、他にも色々な記事を並べております。もし宜しければ御暇なときにお越し下さいませ。

投稿: 駿東清十郎。 | 2005.10.23 18:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45818/1529113

この記事へのトラックバック一覧です: ぼくとB型肝炎~患者として石川ひとみに感謝:

» ひとみさんと『まちぶせ』 [清十郎の邸宅]
 今から約四半世紀も前の1981年4月21日に、「まちぶせ」石川ひとみバージョンのシングルがリリースされました。ひとみさんにとっては11枚目のシングルです。  火がついたのは遅めでしたが、夏真っ盛りの時にベストテン入りを果たし、急速にひとみさんの回りがめまぐるしくなりました。当然、販促活動をもこなされました。  ひとみさんとしても、「まちぶせ」は三木聖子さんが歌っていた1976年頃から大好きな曲であると楽譜写真集「ジュ・テーム」でも述べられ、本人曰く「自分でもよく口ずさんでいた歌だけど、まさか自分... [続きを読む]

受信: 2005.10.23 19:15

» with!あなたへモーニングコール [清十郎の邸宅]
 今日の早朝に、TBSをキー局として全国放送されているラジオ番組「あなたへモーニングコール」に、ゲストとして石川ひとみさんが出演されました。出演されていた時間帯は4時26分からの18分間でした(番組自体は4時零分から5時零分まで)。  トークで、ひとみさんの大好物は「かぼちゃの煮つけ」で、自分でも調理したりするとのことです。週に一回はやるとのことで、味付けは砂糖と塩だけという大変シンプルです。 また、思い出の味として、ひとみさんの実母がこしらえてくれたと言う稲荷ずしがそれで、ひとみさんの小学時代に遠... [続きを読む]

受信: 2005.10.27 06:47

» ひとみさんと万年筆 [清十郎之邸宅]
 この日に発行のNIKKEIプラス1(日本経済新聞の土曜版)の「楽住快居」のページでの「私のお気に入り」のコーナーに、石川ひとみさん関連の記事が盛り込まれました。テーマは「ペリカン万年筆・自分映す手書き文字」とあります。ここで記事の概要を。  ひとみさんは四年程前以来、ドイツ製のペリカン万年筆を自費で購入しました。ひとみさんが万年筆にこだわるにも理由があり、本業である歌手業の傍ら、雑誌のコラムや健康・人権講演会の依頼が増加したことによって物を書く機会が多くなったことに有ります。 なお、ひとみさんは... [続きを読む]

受信: 2006.02.25 20:08

« Yasushi 貝、再び | トップページ | Yasushi 駄菓子にハマる »